· 

助成金が割増になる生産性要件とは?

企業の生産性向上の取り組みを支援するため、雇用助成金を受給する事業主が下記の要件を満たしている場合、助成金を割増をしてもらえますのでご紹介します。

生産性要件とは?

生産性要件とは、通常の助成金の額に加算額がつくための要件のことで、業務の効率化や設備の導入などに取り組み、労働生産性をあげることで、助成金が割増になります。

 

どうすると、助成金が割増になるの?

下記の項目1および2に該当していることが必要となります。

1.生産性が上がっていること

助成金の支給申請等を行う直近の会計年度における「生産性」が、下記のいずれかに該当していること

 

①その3年度前に比べて6%以上伸びていること

②その3年度前に比べて1%以上(6%未満)伸びていること
(金融機関から一定の事業性評価を得ていること)


※直近の会計年度は平成30年申請なら、平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)。3年度前は平成26年度(平成26年4月~平成27年3月)になります。

2.事業主都合の解雇がないこと

1.の算定対象となった期間※について雇用する雇用被保険者(短期雇用特例被保険者および日雇い労働被保険者を除く)を事業主都合によって解雇(退職勧奨を含む)していないこと

※1の算定対象とは直近の年度と当該会計年度から3年度前の期間

生産性とは何か?

生産性とは、次の計算式によって計算します。(割り算です)

生産性 = 営業利益+人件費+原価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課
 雇用保険被保険者数

※割増になる助成金については、助成金の年度によって変更される可能性があるため、別途当事務所にお問合わせください。


事業主の皆様へ

当事務所では、助成金のお手伝いをしております。是非、お気軽にご相談下さい。

関連ページ