· 

離婚分割とは?(厚生年金を分割できます)

年金分割(離婚分割)とは、夫婦が離婚した場合、婚姻期間における標準報酬(厚生年金の年金額の計算の元となる金額)を分割させて、将来の年金に反映させる制度です。厚生年金の標準報酬額を分割する制度なので、国民年金を分割することはできません。

 

離婚分割の方法

年金分割には「合意分割」と「3号分割」の2通りの方法があります。それぞれ、対象者が異なりますのでご注意ください。※これは年金受給中の方でも請求することができます。

 

合意分割とは?

対象者

① 平成19年4月以降離婚された方

② 婚姻の取り消しをされた方

③ 事実婚の方で第3号被保険者の資格を喪失し、事実婚関係を解消したと認められた方

 対象期間

① 婚姻期間(平成19年3月以前の期間も含む)のうち、双方または一方に厚生年金期間。

② 事実婚の方については、第3号被保険者期間に対応する厚生年金期間 

按分割合

上限2分の1。下限は標準報酬をもらう側の分割前の持ち分

手続き期限

原則、離婚成立後2年以内(特例があります)

分割後、

どうなるか?

① 年金受給前の方:本人受給権発生後に受給が可能

② 年金受給中の方:分割請求月の翌月分から年金額が改定されます

 ※平成27年10月1日より、厚生年金と共済年金が一元化したことにより、分割方法が少し変わりました。詳細は、年金事務所または社会保険労務士にお問合わせ下さい。

 

3号分割とは?

対象者

① 離婚をされた方など

② 配偶者の所在が長期にわたって不明な場合

 

 対象期間

①平成20年4月以降の第3号被保険者期間に対応する厚生年金期間

(平成20年3月以前は含まれません) 

按分割合

標準報酬が分割される側の2分の1

手続き期限

離婚成立後いつでも。(一部制約あり)

分割後、

どうなるか?

① 年金受給前の方:本人受給権発生後に受給が可能

② 年金受給中の方:分割請求月の翌月分から年金額が改定されます

注意点

  • 年金受給中の方でも、分割請求ができます。

  • 事実婚の方は取り扱いに特例がありますので、請求の際にはご相談下さい。
    例えば、法律婚と事実婚を繰り返されている方など。

  • 3号分割の方は相手に同意なしで分割請求することができますが、分割される側が障害厚生年金を受給している場合は、3号分割はできません。

離婚をお考えのお客様へ

当事務所では、神奈川・東京にお住まいのお客様へ離婚分割をお考えの方にご相談、手続き代行を承っております。この機会に是非ご利用ください。

▸詳しくはこちら

関連ページ