· 

10人未満でも就業規則がオススメの理由 

就業規則は原則10人以上で作成することが義務付けられていますが、だからといって10人未満の会社が就業規則を作成してはいけないというわけではありません。こちらでは就業規則を作成するメリットをご紹介いたします。

就業規則とは?

就業規則とは、採用から退職までに起きる諸問題に対して予め社内ルールを決めておくもので、無用なトラブルを回避するために作成するものです。

また、10人以上の会社では届け出義務が発生しますが、10人未満の場合はそういったものは発生しません。

就業規則はこんなことに役に立つ。メリットとは?

就業規則を作成することで、どんなことができるかを一部ご紹介いたします。

  1. 従業員採用時に必要な書類が確認できる
  2. 試用期間や運用方法の確認
  3. 職場の秩序を維持したいとき
  4. 時間外労働や休日出勤を命令するときの使用者の権利を確認したいとき
  5. 休暇のルールや取得方法を統一化したいとき
  6. 賃金や賞与など支払う時の計算方法や支払いのルールを決めるとき
  7. 退職や解雇の手続きを明確にして、トラブルを回避したいとき
  8. 欠勤や遅刻などの手続きを定めたいとき
  9. 従業員が病気になったときのルールを決めたいとき
  10. セクハラやパワハラなどのトラブルの対応方法を定めたいとき

トラブルのほとんどは金銭問題と人間関係

給与支払いのトラブルに関しては、単純な問題も多いことから就業規則までいかなくても、賃金規程を作成することはお勧めです。

予め決められていれば、従業員もそのルール通り動いてくれることがほとんどです。

 

また、パワハラなどは、慎重な対応が求められるため就業規則であらかじめ対応を決めておくことで、初期対応がスムーズにいくかと思います。

 


事業主の皆様へ

当事務所では就業規則の作成代行を行っています。

10人未満の会社様でも大歓迎です!

最近従業員とのトラブルが増えてきたなと思ったら作成の時期です。ご利用お待ちしております。

関連記事