· 

1人法人でも、7月は社会保険料を更新する時期です

7月は、健康保険料を決定する、いわゆる定時決定の時期です。健康保険料は、様々なタイミングで変動するのですが、通常の決定は7月に行われ、今年9月~翌年8月までの保険料が決まります。そろそろ、保険料決定の時期になりますので、定時決定についてご紹介します。

健康保険料の定時決定とは?

定時決定で保険料を決める

定時決定とは、7月1日現在、会社に在籍し、社会保険に加入している人について、保険料を決定する方法で、その年の9月分~翌年8月分の保険料が決定されます。さらに、給与に変動があった場合は、その都度手続きを行い、保険料が変わることになります。(随時決定)

定時決定は7月1日~7月10日までに算定基礎届を提出する

その年の保険料を決めるための手続きは、人事担当者なら詳しいと思うのですが、算定基礎届というものを作成し、日本年金機構へ提出します。この手続きは労働保険とは異なり、納付が同時に行われないので、提出すればOKです。

定時決定での保険料は4月~6月に支払われた給与で決まる

保険料は4月~6月に実際に支払われた給与の平均で、保険料を決定します。

これが、よく言われている4月~6月までは残業するな!という話につながるんですね。


事業者様へ

当事務所では算定基礎届のお手続きの代行を行っております。一人法人の方でも大歓迎!

算定基礎届の書類は、給与の締め切り日や支払い基礎日数などによって、書き方も異なり何かと煩雑なお手続きとなっています。この機会に是非ご利用ください。

 

関連ページ