· 

労災と年金の併給調整率が変わりました。

労災保険と年金を同時に受けるとき

労災保険と年金は併給可能です。

ただし、年金が全額支給され、労災保険が減額調整されます。

平成28年4月1日より、1か所だけですが、その併給率が

変更されましたのでお伝えします。(支給額にはあまり影響しません。)

 

※減額調整されるのは同一疾病の場合で、別疾病の場合は調整されません。

 

※現在受給してる額×率です。

障害年金と労災年金

障害基礎年金のみの場合

  • 障害補償年金(労災)×0.88
  • 傷病補償年金(労災)×0.88
  • 休業補償年金(労災)×0.88

障害厚生+基礎年金を受給している場合

  • 障害補償年金(労災)×0.73 
  • 傷病補償年金(労災)×0.73
  • 休業補償年金(労災)×0.73

つまり、3割弱減額。

 

障害厚生年金のみの場合

  • 障害補償年金(労災)×0.83
  • 傷病補償年金(労災)×0.88 
    (改正されました)
  • 休業補償年金(労災)×0.86

遺族年金と労災保険

遺族基礎年金のみの場合

  • 遺族補償年金(労災)×0.88

遺族厚生年金+基礎年金の場合

  • 遺族補償年金(労災)×0.80

 

遺族厚生年金のみの場合

  • 遺族補償年金(労災)×0.84

労災についての注意点

  1. 20歳前の障害基礎年金の方は労災給付を受給すると、20歳前の障害基礎年金は支給停止されます。
    (別疾病でもダメです)
  2. 障害手当金は、労災の受給権があるだけでダメです。(実際に受給してなくてもダメです)

  3. 労災の障害補償一時金は併給調整の対象にはならないので、満額貰えます