障害年金診断チェック

障害年金は診断書や証明書など高額な費用が、かかることもあります。

まずは、受給要件を調べて、障害年金の受給の可能性があるかチェックしてみましょう。


☆受給要件がわかったら、受給の可能性についてチェック。

以下のいずれにも該当する場合、障害年金の受給の可能性があります。該当しない場合でも、特例や救済策などもございますので、お気軽にご相談ください。


1.初診日当時、国民年金、厚生年金保険、共済年金に加入していましたか?

初診日に海外在中で任意加入していない場合は受給できません。

 

2.初診日より前に加入期間に未納の保険料がどのくらいありますか?

 

全然ない○、直近1年以内なら全部納めている○、3分の2以上納めている○、ほとんど納めていない×

 

3.障害認定日を迎えていますか?

 

病気になったらすぐに請求できるわけではありません。原則、初診日から1年6カ月経過してからです。

※一部、障害認定日が異なるものがあります。

 

4.現在の病状はどうですか?

 

 

障害年金を受給するためには、厚労省が公表している障害認定基準を上回っていなければなりません。

1級:寝たきり、2級:外出はできないが、寝たきりではない。3級:何とか働ける程度  


当事務所は年金のお手続きを代行する会社です。

お手続きでお困りのことがありましたら是非、ご利用ください。